リースの利点について

 

一時期に多額の資金を調達する必要がなく資金にゆとりが生まれます。

設備調達の際、リースであれば多額の資金を準備する必要がありません。リース期間に亘り費用が平準化されることから、効率の良い資金運用が可能となります。

 

 

予算制度のネックを解消できます。

予算の制約により設備を購入しにくい場合でも、リースなら容易に導入が可能です。一度に多額の資金を必要としないため、予算に合った形で無理なく設備を導入できます。

 

 

リース料は経費で処理できます。

毎月のリース料は、税法上、病院さまの経費として全額損金処理できます。また、月々一定リース料をお支払いいただくことで、設備の原価がはっきり認識でき、効果的使用の意欲も促進されます。

 

 

設備の陳腐化が避けられます。

 設備の将来の陳腐化を考慮し、経済耐用年数にあわせてリース期間を設定することで、タイムリーに最新の設備をご利用いただけます。

 

 

設備の管理事務が簡素化されます。

購入の方法をとれば、購入の手続き、物件の償却、固定資産税の申告、保険料の支払い等、煩雑な管理事務がついてまわります。リースなら、これらの事務が不要となり、設備の管理事務が簡素化されます。

 

 

環境関連法令に適性に対応した物件処分ができます。

リース期間が満了した設備は契約終了時にリース会社へ返却いただき、リース会社が環境関連法令に適性に対応した処理を行いますので、お客様が物件処分をする手間が掛かりません。